まるとけんたの健康月間(その2)

今日はですね、一日引きこもってます
何故ならまるとけんたの健康月間の記事を一気にアップしようと思ったから
これが案外・・・時間がかかるのねーー^^;

さて、その1に引き続き明るい話題にはなりそうにないので
最近私が凝っていることをば少々

まずひとつめはプランタでの家庭菜園

とは言っても苗を買ってきての菜園なので、手軽なものです^^;
それでも昨年、一昨年といろいろ失敗したので、実がつく喜びもひとしお
現在トマト2種類、ピーマン、オクラ、ナスが植わっており、
ハーブではバジル、ローズマリー、イタリアンパセリなどが元気に生い茂っています♪

IMG_4162.jpg

そして、これは昨日、自分が皮膚科に行った後に買ったもの
いや、診断と対応がね、これまたイラッとくるものだったので思わず・・・(言い訳)

2010 Suavia Soave Classico Monte Carbonare
2007 Cantina del Pino Barbaresco Ovello
2011 Cantina del Pino Dolcetto d'Alba
2004 LOUIS AVELINE Volnay
2011 LOUIS AVELINE Chablis

いかほどのお味のワインかはわかりません まったくの素人なのでw

ここ何年か日本酒一筋でしたが、毎晩毎晩きっちり2合とか飲んで食べてたらすごいことになってきたので
日本酒よりもカロリー控えめのこちらに切り替えてみようかと♪(もしくは焼酎に出戻り)

ケンタロー氏多忙につき、美味しいご飯を夕飯にサーブされることもないので
自前の質素な夕食と、朝一番のベジファーストとウォーキングで
何とかカロリーオフと基礎代謝アップに(今更)励もうと思っている所存ですw

IMG_4170.jpg

ちなみに画像はiPhoneで撮影してiPhoneで加工したもの
・・・イチデジ要らないんじゃ・・・モゴモゴ

さて、まるとけんたの健康月間の続きです
まずはセカンドオピニオンから

■ セカンドオピニオン

最終的な結果が出ていないので、これで最高だったかは別として
現時点では最善だったのではないか、と思える近場の病院を見つけたのはインターネットでした

けんたの心臓の治療が一番気になっていたため、心臓に強い病院を探したところ
一発で近所(車で20分程度)の動物病院がヒット しかも土日診察の病院でした

早速電話でアポをとり、7/14(日)にセカンドオピニオンへ
その際持参したのは、まるとけんたそれぞれに気になる点と、
それに関する今までの治療経過の簡単なサマリでした

病歴をまとめるにあたり、具体的な検査値以外で一番役に立ったのはやはり自分のブログ
過去の私に感謝だな

まる(画像をクリックすると拡大します)

まる経過

けんた(画像をクリックすると拡大します)

けんた経過

セカンドオピニオンと言いつつ、結局のところけんたの心臓に関しては
きちんと病院から借りてきたデータがない限り、X線やエコーなどは
こちらで測定しなおしてもらうことが必要となるのは分かっていました

ということで、持参したサマリのレビューと触診・聴診がメインの診察
結果としては気になる点だけ挙げると以下の通り

★けんた
 歯は優秀(そりゃそうよね・・・ww)
 停留睾丸 触れない
 包皮炎
 抱き上げての悲鳴は心臓の症状とは関係ないと思われる
 左の肩関節に違和感(激痛ではなさそう)
 腰痛いかも→あるとすれば椎間板ヘルニアグレード1
 逆流の雑音あり レベル3
 CPKについては測定しないこともある指標であまり重視していない
 超音波 X線 機能検査の上薬の要否判断

★まる
 停留睾丸 触れない
 包皮炎
 大腿部の筋力落ちてる 慢性的な痛みがありそう
 心音 雑音 特殊 超音波みた方がいい
 無害性雑音と思われるが先天性の可能性がありそう
 血管系、門脈シャントの可能性あるかも?⇒ 総胆汁酸の検査(TBA)
 触診上眼圧は正常

包皮炎については、黄色いのはチッコだと信じていたのでまさか膿だったとわ・・・ 
痛みを伴っていることが多いとのことで・・・ホント・・・ごめんなさい
治療は包皮内にカテーテルを入れて洗浄する方法で自宅対応することとし、
まるとけんたを床に固定する方法やカテーテルを入れて洗浄する方法を実地で教えていただきました
しかし、イソジンの入った生食バッグを針で刺す際にまちがって自分の手をざっくり^^;
バンドエイドで応急処置をしてもらいましたが、まさか自分が処置してもらうとわ・・いや、親切丁寧・・・!

ここで新たに登場したのはまるの心雑音 先天性とは・・・
けんたについても心雑音は初めてだったのでダブルで・・・ショック・・・
そして、まるの肝臓の方については門脈シャントの可能性もゼロではないと

ともかくも、もうセカンドオピニオンどころか、総合的に一度診てもらった方がよいと判断し
急ぎ、わんにゃんドック(心臓コース)を受けることとしたのでした
<検査項目>
 一般身体検査(問診・触診・視診・聴診など)
 血液検査(血球計算・生化学検査)
 レントゲン検査(胸部・腹部)
 超音波検査 【腹部・(心臓コースは心臓の超音波検査)】
 尿検査・便検査・心電図検査(心臓コースのみ)



■ わんにゃんドック

7/20(土)朝ご飯を抜いた状態でまるとけんたはわんにゃんドックへ
朝10時半頃に預かりで、お迎えは夕方の4時半 それまでがんばるのだよ!!

そして夕方お迎えの時間、先生が1時間ほどかけてまるとけんたの検査結果についてお話してくださいました
まずは大方問題のなかったけんたから・・・という前置きつきで・・・

丁寧に説明いただきましたが、まる、けんた共に気になることのみを
以下に列記しますが、それ以外は特に臨床所見上問題なしの理解です
ちなみにまるのTBAは外部検査のため後日報告とのことでした

★けんた
 ① 尿
   ストルバイト陽性 エコー⇒膀胱内に白い砂状の陰あり
   フードをストルバイト対応のものに変更して要経過観察(1回/月)
   膀胱内の砂状のものについてはカテーテルで洗浄したいとのこと 
 ② 血液検査
   WBC⇒今回のみ低め、要経過観察(1回/3ヶ月)
    3680μ/l(基準値5500~16900)
   肝酵素⇒軽度上昇 従来の値と大きな動きはなく、要経過観察(1回/3ヶ月)
    AST:55IU/l(基準値:0~50)
    ALT:184IU/l(基準値:10~100)
 ③ 前立腺
   2cm 骨盤の幅から考えると2.2cmまでは大丈夫だが対応は考えた方がよい
 ④ 心臓
   心雑:は無害性・心肥大は認められないため治療はなくてOK
   要経過観察(1回/半年)

★まる
 ① 尿
   ストルバイト陽性 エコー⇒膀胱内には特になにも写っていない
   フードをストルバイト対応のものに変更して要経過観察(1回/月)
 ② 血液検査
   肝酵素⇒軽度上昇 従来の値と大きな動きはなく、要経過観察(1回/3ヶ月)
    AST:78IU/l(基準値:0~50)
    ALT:225IU/l(基準値:10~100)
   処方されているグリチロンは服薬してOK 飲み終わった頃に再診して確認
 ③ 前立腺
   1.8cm
   その他エコーからは腹部問題なし
 ④ 心臓
   心エコーにより以下の2つの診断
    僧帽弁閉鎖不全症(軽度)
    動脈管開存症

思いもよらなかった先天性心疾患である動脈管開存症の診断・・・

「動脈管開存症で無処置の場合は18ヵ月以内に70%の子が亡くなってしまうので
6歳でしかも無処置で元気に生活している子を僕は診たことがありません」
先生は驚かれたように、そして正直におっしゃっいました
(先生曰く70%とおっしゃっていましたが、インターネットで調べた限りでは50%ほど
ちなみに発症率は0.8%ほどで、犬の先天性心疾患では比較的多いものと言われています)

「外科的治療は2つあります 本来は生まれた後に閉じられるべき動脈管を結束するか、
コイルを入れて動脈管を閉鎖するかのいずれかです」

「この病院では内科的処置がメインです 年齢を考えて、このまま行くという判断もありますが
その点は飼い主さんによります 診断についてはほぼ確定だとは思うけれども、
セカンドオピニオンと外科的処置も考慮しての治療を進めるとなれば大学病院を紹介します」

目の前には肺動脈に逆流があることを示すエコーの赤や黄色や青のフラッシュ
本来は全身に送り出されていなければならないはずの血流が動脈管を通して肺動脈に逆戻りしているのです

最近一番気になっていたのは散歩中、まるがすぐに疲れてしまうこと
もともと疲れやすい子だという認識はありましたが、けんたとの比較(けんた⇒元気な子)から
今までは「こんなものかな」と思っていましたが、
ここ最近の疲れやすさは今までとは比較にならないような気がしていました
(もしかしたら僧帽弁閉鎖不全症の影響の方が影響しているのかもしれません
その点についてはちゃんとお話をしていないのでわかりませんが・・・)

そして、アニマルコミュニケーションでの「脇が気になる」との発言

すべてが繋がった気がしました・・・

今から手術するかは別として、今のまるの状態をもっときちんと知っておきたい
この状態がどの程度まるの寿命に影響を与えるのか・・・
できるだけ早いうちに大学病院(麻布大学)を紹介してもらって診てもらうため
来週、平日に大学病院の予約状況を確認してもらい、予約を入れようと思っています

心雑音があるはずなのになぜ今までの主治医(今までで2人)が見つけられなかったのか・・
それを思うと複雑な気持ちになるけれど
得意としているとは言え、心音だけで先天性心疾患を示唆された先生には頭が下がる思いです

上述したように、今まで以上に疲れやすかったり、アニコミュでの言葉
先日のけんたの大騒ぎがセカンドオピニオンが必要と判断するにつながったこと等々

無処置で気づかれずにここまで普通に暮らしてきたまるの強運と
ここでちゃんと病気を見つけて!ってサインを出してくれたことに・・感謝しています

一生懸命まるの命を支えてくれているまるのちっちゃな心臓、ありがとね

そして、エコーでの心臓の動きを見ながら涙が出てしまい先生にご迷惑をおかけしてしまいましたが
ここできちんとドックを進めてくださったこと、ちゃんと発見してくださったことに感謝・・・

一通り説明が終わると、まるとけんたが診察室の奥から戻ってきましたよ
ふたりとも頑張ったね^^ 嬉しそうにすがりつく二人に思わず涙

あ・・あかん・・・涙もろくなっとる・・・

しっかりしないとね、母ちゃんが悲しいときっとまるにもけんたにも伝わってしまう
まるは生きてる!! これから一緒に頑張ろう!!



病院の帰りに初めての公園にお散歩に行きました

もうすっかり日が傾いてきた時間だけれど、芝生のきれいな公園
そうそう、ここは一度会っただけのお友達が良く来ていた公園 
何度か来ようとしたけれど、車が停められなかったりでなかなか叶わなかったんだよね
もしかしたら会えたかもしれないのに もっと早くに来たかったなぁ

それにしてもけんたはいつも笑顔だね^^
特に大きな病気もなくて、母ちゃんは嬉しいよ 
健康でいてくれて、ありがとう、けんた

2013072002.jpg

普段は薄毛のまるなのに、こうしてみるとちょっとゴージャスに見えるような?
(耳毛以外は・・・) 

アニマルコミュニケーションをしてから、気のせいかまるには私の言葉がよく通じている
というより、まるの気持ちが何だか伝わってくるような気がしています
もっとも・・・この時まるが何を考えていたかは全くもって??だけど
凹んだ私を「ばっかじゃないの?」と励ますような堂々とした空気

うん、まる、母ちゃんは強くなるよ!!

2013072003.jpg

正直、まだまだ頭が整理されていないけれど、とにかく病気が見つかったこと自体が幸運で
そして、まずは大学病院で診てもらうことが次を考える一歩なのだから
慌てず、変わらず、まるとけんたとの一日一日を大事にしていこう

2013072006.jpg

プンスカのまるとエヘヘなけんた
この日も変わらないふたりでいてくれてありがとう

そして、支えてくれるケンタロー氏とお友達に・・・本当に、ありがとう

P.S. 
きっと、みなさんにご心配をかけてしまうのだと思います ごめんなさい
でも時間を置くともっと長くなってしまい、記録として残すのがしんどくなりそうだったので、
その瞬間の私の気持ちと共にここに記すことをお許しくださいませ 
でも、まだどの程度の物なのか分からない状態なのであまり心配しないでくださいね
まるもけんたも私の横でスヤスヤと寝息を立てていますから^^

OM-D E-M5
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

Kayo

Author:Kayo
東京都在住
まる&けんたにカメラと日本酒をこよなく愛す典型的B型女な普通のサラリーマン

★まる
2006年11月12日生まれ ♂
2007年1月28日長男坊としてお迎え 
甘ったれで淋しがり屋のあまのじゃく系男子

★けんた
2006年11月25日生まれ ♂
2007年4月30日次男坊としてお迎え
わんこ大好き!いつも笑顔の天真爛漫系男子

☆Nikon☆
D700
D810
F100
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
Ai AF Nikkor 85mm F1.8D
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di 1:1 Macro
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)
SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO
Lensebaby Composer

☆OLYMPUS☆
OM-D E-M5
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm / F4.0-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.

OM10
ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8
ZUIKO AUTO-ZOOM 35-80mm F2.8
ZUIKO AUTO-ZOOM 70-210mm F4.5-5.6

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

リンク

ルミガン