東北地方太平洋沖地震

昨日の大地震・・・みなさまご無事でしょうか?

我が家はお陰さまで私もケンタロー氏も昨日のうちに帰宅し、まるけんも無事に過ごしております

職場の最寄駅から徒歩で先に帰宅したケンタロー氏が家に着いた時
いつもは大興奮でお迎えのまるとけんたの姿はリビングになく、
名前を呼んでみるとまるもけんたも2階からいそいそと降りてきたそうです

リビングと階段はまるとけんたが階段を上らないように扉で仕切っていますが、
おそらく鍵がしっかりとかかっておらず地震の揺れで開いてしまったのだと思います 

リビングには小物や食器が少々落下しており(いずれも割れてはいなかったようです)
地震に驚いたふたりは飼い主の匂いがする寝室のベッドに避難していたのでしょう
ふたりの賢明な判断にホッと胸をなでおろしました

が・・、リビングにはまるがビビってもらした痕^^;

2011031201.jpg

そして、寝る間際に気がついたベッドの上のけんたのおもらし・・・^^;

2011031202.jpg

いつもなら「ゴラァァ~ッ!!!」と行くところですが、
あんな怖い目に遭ったのだから大目に見ましょう
何よりふたりが怪我もなく無事だったのだから

けんたは昨日から比較的普通にしていますが、
まるは余程怖かったのか、昨日は終始緊張状態で今日も片時も傍を離れません

以下、地震発生から私が帰宅するまでの様子を記録した備忘録です
かなーーり長文ですので、興味のある方だけどうぞ・・・☆

地震の発生当時、私は新宿のオフィスビルの16階で打ち合わせをしていました

グラッと来た瞬間、本能的に「これは大きい・・・」と感じましたが
予想通り時間が経つにつれ建物自体がミシミシと音を立て始め
横に滑るように揺れが激しくなり、オフィス内は一時騒然となりました

長い揺れでしたが、しばらくすると小康状態に
ビルの中に居て地震に遭うのは珍しいことではありませんでしたが
同僚の一人がインターネットのニュースで震度を確認
震源地近くは震度7 新宿は震度5

今までに体感したことがないような揺れにみんな動揺しつつも
そのまま仕事を続けようと打ち合わせを再会した瞬間 2度目の大きな揺れ

窓の外に目をやると、小さなビルでさえ目で見てわかるほど左右に揺れていて・・・

勤務先のビルは比較的新しいビルではありますが、
今思えば大袈裟かもしれませんが一瞬「死」という文字が脳裏をかすめました

締め切りのある仕事だったので、このまま仕事を継続しようかどうか迷いましたが
この地震で社員の安否の確認のために巡回してきた本部長の
「この状況で仕事ができなくても海外も理解するから無理に継続しないで帰りなさい」
の言葉に全員が帰宅の支度を始め、荷物を取りに戻った私のデスクの書類は床に散乱
小康状態のうちにと少しだけ机上を片付け、デスクを後にしました
後から聞いた話では私の後ろの柱にはヒビが入っていたそうです

エレベーターが止まっているため、階段に出るとみんな冷静に譲り合いながら階段を下っていました
防災訓練の重要性をこの時改めて認識しました

9階に寄りベンダースタッフに帰宅するよう促し、念のため自動販売機で水を購入
その後はゆっくりとビルのロビーへ

1階のロビーには近くのビルで研修中だったマネジャー達が戻ってきており
電車も動いていないし、外に出るよりはビルの中にいた方がよいとの指示でしばし待機
マネジャーたちがいたビルも避難路の階段には壁に亀裂が入っていたそうです

待機している間も何度か小さな余震があったように思います
外には近辺のビルから出てきた人たちが困惑と動揺の表情で
それぞれに繋がらない携帯を片手に情報収集に努めたり連絡を取ろうと試みたり

私は・・・と言うと、まるとけんたの様子が気になって仕方がない

私の家の近辺は地盤は強いはず 

けれど、リビングの上に吹き抜けを大きく取っている家の構造を思うと
本当に大丈夫なのか、とか、シーリングファンが落ちたりしていないか
など、良くないことばかりを考えてしまう・・・

普段はここまで心配することはない私ですが
今回ここまで私が動揺した原因は前日に見た夢だったのです

夢の中、私は外出していて何故かどうしても家に帰ることができず、やっとの思いで帰宅した時、
目に飛び込んできたのはサークルの中のまるとけんたの信じられない姿でした

普段はまるとけんたの夢自体滅多に見ることがないのに
まさか・・・そんな夢の翌日にこんな地震が起こるとは・・・

電車はいつ復旧するか分からない ケンタロー氏とも連絡がつかない
職場の距離を考えるとケンタロー氏の方が早く家に着く
だけど、このまま・・まるとけんたを放っておくことはできない

いくら家が遠いと言ってもフルマラソンよりは短いでしょ!!
何としてもまるとけんたの元に帰る!!

電車が復旧すればその時点で乗ればいい
ダメなら歩いて帰ればいい

そう決めて、甲州街道を西へ歩くことを決めました
午後4時前 多くの人が徒歩での帰宅を決めて歩き始めていた時間でした

幸いにも同じ方向の先輩と一緒になることができたのが本当に救いでした
一人黙々と歩いていたら良くないことばかりを想像してしまったでしょう

いろんな人が歩いていました

スーツ姿のサラリーマン
ヒールで歩きづらそうなOL
マックを頬張った女子高生たち
パーカーのフードにお水のペットボトルを入れた男性
ヘルメットをかぶった人
ゆっくりと西を目指すおばあちゃん
怪我で杖をついている女性

そんな光景を見ながら感じたのは・・・

自分の足で歩けるありがたさ

健康な体があれば、自分の足で前に進むことができるのです

まだまるともけんたとも出会っていない6年前
私は様々なストレスから疼痛障害に罹ったことがありました
激しい腹痛から食事も摂れず、毎日嘔吐し、何日も眠れず・・・
体力も精神力も奪われて、体重は10キロ以上落ち、
家の周りの一周すら歩くことすらできなかった日々がありました

乗り越えて回復し始めた時、歩けることは本当に素晴らしいと感じた
あの頃のことを思い出していました
あわよくば楽をしたいと思いがちなこの頃、歩けることに感謝しなくては

そして、電車や車では気付かなかった町並み
歩くことで見ることができる光景が沢山ありました

みんな懸命に歩いている中で気になることもいくつかありました それは

歩きながら煙草を吸っているオジサン
吸った煙草をポイ捨てしているオジサン

あんたたちみたいなニンゲンがいるから地球が悲しむんだよっ!!!

後ろから張り倒したい気持ちを抑えながら、非常に悲しい気持ちに・・・
(昔、同種のニンゲンにつかみかかった前科あり←え?私がキケン人物?)

自転車で前を急ぐ人々

ただでさえ混雑している狭い歩道です
そんな中、自転車で前を急ごうとすれば衝突事故になりかねない
それだって立派な二次災害です

日常ならまだ分かる だけど、みんな急いでるんです
どうして、混んでいるところだけでも降りて歩こうとしない?

そして災害時の携帯電話の頼りなさ

もっとも時間がかかってもメールは配信されますから
携帯のない時代よりは確かに便利になっているのですが
昔はあんなに山とあった公衆電話がない 
有線の方が通じやすいなら災害時を考慮して公衆電話はもっと設置してもよいのでは・・・

いろんなことを考えながら歩いていました

先輩の家は私の家よりも随分手前の調布市でした
一緒に歩き始めた時、私は徒歩で歩き切るか、復旧すれば電車と思っていたのですが
途中でとてもありがたい申し出をしてくれたのです

「家についたら車で送ってやるよ」

目からウロコでした・・・

先輩の自宅の最寄りまで来たら「お疲れさまでした」とそのまま歩き続けるのが当然で
車で送ってもらうなんてことは思いつきもしていませんでした

新宿から自宅あたりまで約13キロ ビジネスシューズで歩いて先輩だって疲れているはずです
それでも気遣って申し出ていただいたのが本当にありがたくてお言葉に甘えてしまいました

それが先輩を大渋滞の渦に巻き込むなんてことを最初は想像していなかったのですが・・・
先輩、ごめんなさい そして、本当にありがとうございました

かくして夜8時近く、無事に家に辿り着くことができました
家に帰れるということが、帰れる家があるということがどんなにありがたかったか・・・

歩いて自宅を目指すことがあるなんて想像もしていませんでしたが、
いつだって現実に起こり得ることなのだと実感・・・
時間がずれていたら東京だって大規模な火災が発生していたかもしれないのです

今回、私が歩いた道は途中ガラスが落ちている場所が一ヶ所あっただけで、
地震があったとは言え、ヒールのついたブーツでもまだ歩きやすい状態でした

次があって欲しくはないけれど、最悪のケースを考えた場合、やはり職場にスニーカーを用意しておこう
会社の防災グッズの乾パンもお水も新しいものにしておこう
家にもちゃんと防災グッズを準備しよう 大切なまるとけんたを守れるように・・・

今日はお散歩と買い物以外は家にいて、ずっとテレビをつけたままでした
昨晩からの被災地のニュースで二次災害が広がっているのを見るにつけ涙が出そうになります

陸前高田や気仙沼は昔、私が初めてバイクで一人旅をした場所でした
あの時訪れたあの場所が・・・あんな一瞬でその姿を変えてしまうなんて・・・
あの時泊まったYHのスタッフさん、出会った仲間とはしゃいだバーのマスター
今もそちらにいらっしゃるのであればどうかご無事で・・・

これ以上二次災害が広がりませんように
一人でも多くの命が救われますように
心の灯を消し去ることなく、街が早く復興しますように・・・
そして・・・被災で亡くなった方のご冥福を心よりお祈りします
スポンサーサイト

Pagination

Comment

りんこ

ぱらちゃん、頑張ったね!
某Mさんから無事帰宅したと聞いていましたが・・
大変な思いをしたのね・・
まるけんたも無事でよかった!
会社の先輩の心使いも心にしみるね!
心から感謝!!ですね~

誰もいない場所でのお留守番・・仕方の無い事とはいえ
こんな事があると本当に心配で辛いね。
我が家はたまたま私が有休で家にいたので、外の広い場所に皆で出て
揺れる世の中をただただ驚きと恐怖の気持ちで見てましたよ。
その後そのままお散歩行っちゃったけど(A^^;余震で危ないのにって
今日帰ってきたりん太郎に呆れられました( ̄▽ ̄;

知り合いの中に被害を受けた方が無い事を願うばかりですね。
  • URL
  • 2011/03/12 21:35
  • Edit

グーグーガンマ

良かったー!すごく心配してたんですよ。まるけんの事。。。
お留守番してる仔のことがすごく心配で。
ぱらちゃんも大変だったね。
真っ暗な中、ロウソクにラジオを聴きながら耐えていたんだけど、
携帯の充電が切れそうで、どこかで充電できないかと思い、
アルファと一緒に夜出かけてしまいました。(苦笑)
りんこさんじゃないけど、マンションにいるのが恐くて何回も
お散歩に行っちゃったんだけど、私も後からソニベータに怒られました。
アルファは前にも増して、私のそばから片時も離れません。(爆)
  • URL
  • 2011/03/12 23:54
  • Edit

Dr.JUN

無事で良かったです

私は現場から自宅まで、車で15分のところ、30分かかりました

puru

ご無事でよかったです
都内は大変なことになっていたので、心配していました
そして、誰もいないお家で2ワンで頑張ってお留守番していた
まるちゃんとけんたちゃんも無事でよかった^^
きっとビックリして怖い思いもしたはず・・・
2ワンで不安を和らげていたんでしょうね
その後、まるちゃんは落ち着きましたか?

そして我が家も、もしもの時の為にココやジータ、人間の備えを見直さなければ
いけないのかも・・・と、感じています

まずは、ご無事でなによりです
  • URL
  • 2011/03/13 08:44
  • Edit

miki

お留守番のミトンのことが気がかり中、
もしこれが引っ越す前だったら、
新宿からどうやって家に帰っていただろうと考えたときに、
ぱらちゃんはどうされたかなと、気にかかっていました。
まるけんちゃんの無事を確認するまでの不安な気持ち、痛いほどにわかります・・・
ぱらちゃんも帰路大変だったけれど、まるけんちゃんも怖い中頑張ったね!
皆無事で、本当に何よりです、よかった。

ただ、時間を追うごとに明らかになる信じられないような状況に、
一つでも多くの命が救われるよう、祈るばかりです。
  • URL
  • 2011/03/13 11:39
  • Edit

ぱらちゃん

★りんこさん
ありがとうございます 無事に帰ってこれました
ありがたいことに先輩が送ってくれたお陰で
最後まで徒歩で帰宅された方々よりは早く自宅に戻ることができました
先輩には迷惑かけてしまいましたが、本当に感謝しています
まるとけんたが無事で・・・本当によかった・・・
そして、ルルちゃん&アミィちゃんも無事でよかった!
パパさんは一晩帰ってこれなかったのですね でもみんな無事でよかった!
お散歩・・・はい、気持ちはよぉく分かりますよ
ちなみに私より一足先に帰っていたケンタロー氏も
まるけんの気分転換も兼ねてお散歩に行ってきたようです
昨日も今日も被災地の状況をテレビで見るにつけ
取り残されている方の早期の救助と
ひとりでも多くの生存者の発見を祈らずにはいられません
余震、徐々に減ってきているようが引き続き気をつけましょうね

そして、ルルちゃん8歳のお誕生日おめでとう!
8歳とは思えない美しさ・・・
耳毛が減ったなんて気のせいですよ^^
8歳の1年も元気でアミィちゃんと楽しく過ごしてね♪

★グーグーガンマさん
ご心配いただきありがとうございます
まるもけんたも怪我することなく元気にしております
お留守番、とっても不安だったと思いますが
ふたりでがんばって乗りきってくれました
まるもだいぶいつもの落ち着きを取り戻してきています
アル君の様子はどうですか?
こんなことが2度とないことを祈るばかりです
ガンマさんのお家の方は停電だったのですよね
ただでさえ不安な夜に灯りがないのはとても辛かったと思います
普段は出番のないローソクですが常備しておくのも大事ですね
ソニーベータさんも無事に帰宅されたようでよかったです!

★Dr.Junさん
デュルラル家も無事でよかったです!
あの時ワイフからもらった電話が通じたのが奇跡でした
予想外の渋滞 Dr.Junさんも大変だったと思います
こんなことが2度とあって欲しくはないですが
スコップの振りかざし過ぎに注意して下さいね~!

★puruさん
puruさんご一家もご無事で何よりです
いつもは普通に使っている電車が止まってしまうと
こんなにも都心は大変なことになるのだと改めて実感しました
東京・・・沢山の労働者が集まる街だからこそ、
こんな非常事態に備えた受け入れ施設の充実を切に願います
まるもけんたも記事に書かせていただいた通り
家庭内二次災害(←おもらし)を繰り広げつつも無事に乗り越えてくれました
普段はそんなに仲が良いわけではないふたりが
同じ場所で一緒にこの不安な時間を過ごしていたと思うと
多頭飼いでよかった・・・と
まるは今日の午後辺りから随分落ち着いて過ごすことができるようになりました
もしもの時の備え 発動することがないに越したことはないですが
本当に大切だな・・・と改めて実感しました

★mikiさん
ご心配いただきありがとうございました
私も歩いている間、mikiさんが職場の近くに引っ越されたのは
本当によかった・・・と思っていました
mikiさんのブログで無事を確認できた時はホッとしました
電車だとあっという間の多摩も歩こうと思うと結構距離・・ある(苦笑)
会社にはスニーカー常備決定ですっ
まるとけんたの様子を確認できるまでは落ち着きませんでしたが
どうあがいても、歩けば5時間以上はかかりますから
途中で腹を据えて、まるとけんたの無事を信じていました
幸いにも車に乗せていただいた途中でケンタロー氏から
無事の連絡が入ったため、緊張はほぐれたのですが・・・
時間が経つにつれ、今回の震災の被害が露わになってきていますね
テレビを前に祈ることしかできませんが
自分が今できることをひとつひとつやり遂げることが自分の使命と切り替えています
ひとつでも多くの命が救われますように・・・
  • URL
  • 2011/03/13 20:27

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/03/14 15:27

ぱらちゃん

★鍵コメさん
メッセージありがとうございました☆
お返事はメールでさせていただきましたのでご確認くださいね^^
  • URL
  • 2011/03/14 20:06

vivimama

ぱらちゃん・・・すごくがんばりましたね!!おつかれさまでした。

まるちゃん&けんちゃんも、おもらししちゃったけど、ふたりだから心強かったね・・・!!
一緒に寝室に隠れていたなんて、本当におりこうさんだったね~!!

悲惨なニュースが続く中、がんばるワンコの姿も多数目にし、泣いてる場合じゃない!!と思っています。。

viviのこともご心配いただき、ありがとうございました。
  • URL
  • 2011/03/15 14:20
  • Edit

mieko

ぱらちゃん、地震にあったのは16階のオフィスだったのね。
11階の我が家でもかなり揺れたからオフィスは大変な有様だったのでは?

ぱらちゃんもまるけんも無事で良かった~!
お留守番のまるけんコンビのことが本当に心配だったでしょう。
まるくんもけんちゃんもおうちで一人ぼっちじゃ無かったから
お互い支えあって頑張ったんだね・・・偉かったよ~!!

TVで被災地の状況を見るたびに胸がつぶれそうな思いでいっぱいです。
今もまだ余震が続き心休まる日がいつやってくるのか?
一人でも多くの人が助かってと願うしか出来ない私がもどかしいです。

junko

ぱらちゃん、家に帰れてたんですね!
よかったー。
やっぱり我が子が心配ですものね。
無事でよかったです!

高層ビルはすごく揺れたのでしょうね(;O;)
想像しただけでも怖い・・・
私は家にいたけれど、実家のマリモを預かっていたから
避難する事になったら、わんこ3頭とインコ1羽をどうやって連れていこうかと考えてました。
一応わんこ用に避難グッズは用意してあったけれど見なおそうと思いました。

まだまだ余震が多いから気をつけてくださいね!

ぱらちゃん

★vivimamaさん
義弟さんのおじい様、おばあ様と連絡がつかず不安な中ご心配いただきありがとうございました
でも、おふたりともご無事だったとのこと、本当によかったです
私は・・がんばったというか、先輩に迷惑をかけてしまったことへの情けなさが後になってからジワジワと・・
最後まで歩ききるか、ケンタロー氏を信じてまるとけんたを委ねるべきだったのかもと今さらながらに反省していたりもします(汗)
まるとけんたがベッドの中でじっと待っていてくれて良かった・・とホントに思います
そしてふたりでよかった・・・とも
1週間経って、報道も少しずつ変わってきましたね
私も今週の頭には相当落ち込んでいましたが、前向きに、できることをやろうって思い直しました!
まだまだ余震が続いていますので引き続き気をつけてくださいね☆

★miekoさん
ご心配いただきありがとうございました!
新しいオフィスであっても、あの揺れはかなり恐怖でした~
物の多いデスクからはやはり書類は落ちて散乱していましたね・・・
人の机に比べて私のデスクの書類がバッサバッサ落ちたのは整理が悪いから・・・とは決して信じたくないですが(苦笑)
まるもけんたも普段そんなに仲が良いわけではないですが本当にふたりでよかった・・・と思います
こんなことがあるとカメラを設置したくなりますが、それではきっと私は仕事にならないでしょうね~^^;
余震が続いていますね 11階は揺れが大きく感じることもあって不安になることもあるとおもいますが
これ以上の被害はないと信じてがんばりましょう!
多くの方の命が助かること 祈る気持ちは大きなパワーだと思います 私も、祈っています

★junkoさん
ご心配いただきありがとうございました!
先輩のおかげでなんとか無事にきたくすることができました
やっぱり、どうしてもまるとけんたのことが一番最初に思い浮かんでしまって・・・
会社・・・以前は42階でしたから16階はまだマシなんだろうな・・・って思いながら揺れに耐えていました^^;
地震のために揺れる構造になっていると理解していても、向かいの大きなビルは見た目にも揺れていて、やはり恐怖でした・・・(汗)
junkoさんは3ワンとBUちゃんを守ったのですね!本当に不安だったと思いますががんばりましたね!
この週末は避難グッズづくりをしようかな・・・と考えています
余震が続いていますがお互いに気をつけましょう!!
  • URL
  • 2011/03/18 17:38

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

Kayo

Author:Kayo
東京都在住
まる&けんたにカメラと日本酒をこよなく愛す典型的B型女な普通のサラリーマン

★まる
2006年11月12日生まれ ♂
2007年1月28日長男坊としてお迎え 
甘ったれで淋しがり屋のあまのじゃく系男子

★けんた
2006年11月25日生まれ ♂
2007年4月30日次男坊としてお迎え
わんこ大好き!いつも笑顔の天真爛漫系男子

☆Nikon☆
D700
D810
F100
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
Ai AF Nikkor 85mm F1.8D
TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di 1:1 Macro
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO
Lensebaby Composer

☆OLYMPUS☆
E-30
E-500
ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro
ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO/HSM
ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6

OM-D E-M5
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ
M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro

OM10
ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8
ZUIKO AUTO-ZOOM 35-80mm F2.8
ZUIKO AUTO-ZOOM 70-210mm F4.5-5.6

☆RICHO☆
GX200

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

ルミガン